育児と借金と日常

旦那がギャンブルで借金。人と関わるのをできるだけ避けたい主婦の日々。

憧れの人に会いに行くと良いって占い

 歯医者の待合室で読んだ雑誌に、

 

憧れの人に会いに行くと良いと書かれていた。

 

ライブとかセミナーとか。

 

それで少し気分が高揚して、選挙の応援演説で安倍総理がこっちに来たら絶対に見に行こうと思って安倍総理のスケジュールを調べたら、調べた日の前日には来ていた。

 

地味にショックである。

 

出不精の私が、わざわざ見に行きたい人なんて他にいないのに。

 

どうやら安倍総理は、行く先を直前まで秘密にしているらしい。それでも人が集まるのだからすごいが。

 

そりゃあ、前の選挙の時みたいに

 

選挙妨害するような人たちに負けるわけにはいかないという発言を切り取られ、

 

こんな人たちに負けるわけにはいかない、と悪意を持って放送されたのだから仕方ないのかも。

 

それにしても、あの時、ほとんどのメディアが「わかっているくせに、悪意をもって安倍総理をわざわざ悪者に仕立て上げた」という恐怖は忘れられない。それに対しての、メディアの反省や総括などもない。

 

今、ネットなどで簡単に一般市民の情報(私はYouTube)を得られるから、安倍総理の発言の前後が知られるようになったけど

 

これが一昔前なら、安倍総理偏向報道に潰されてしまっていたかもしれない。怖い話。

 

今、日本政府は韓国に対しての優遇を正当な理由で見直しているのだけど

 

それを、日本のメディアはこぞって

 

徴用工に対する対抗措置だと報道している。まるで日本が感情的にいじめているかのような論調で、日本政府や安倍総理を非難する新聞や週刊誌などもある。

 

こういう報道機関が、安倍総理をいじめている。という事は、逆に・・・。

 

昔、知り合いが言っていた。

 

テレビに応援される政治家なんか信用できない、と。

 

 

 

私はおばさん。図太いけど、でも上には上がいる

 

PTA活動で、とある当番の日があったのですが

ペアで行う活動なのに、ドタキャンされました。

 

こういう時、怒りよりも何よりも

 

「強えな」

 

って思ってしまうのは、私がそういう活動を面倒と思いながらもちゃんとやらなければますます面倒だし、人に何か言われたくないという後ろ向きな思考で活動をしているからで

 

小さい子がいるから無理、とか

忘れてました、とかいう言い訳はまあありがちで

 

言い訳すらしないとか、怒りよりもちょっと羨望に近い感情が沸いてきます。

 

私もそういう強いおばさんになってみたいという願望があるんだろうかな。

 

そういえば、去年のプール当番の時も私とペアの人(上記とはたぶん別の人)来なかったなあ。強えな。

 

 

 

 

イオンカードがゴールドになった貧乏人の話

 

六年前くらいに旦那の喪服を購入しなければならなくなった際に、割引目当てに作ったイオンのクレジットカード。

 

なんだかんだ、ずっと使い続けて(というかクレカを解約するという思考がない、電話がいやだ、緊張するから)

 

旦那の借金が発覚してからは、毎月最低限支払わなければならない借金を返済すると生活費に回す現金がなくなってしまったので

 

かなり頼りにしていました、イオンカードをはじめとするクレカ。

自転車操業

 

そんなイオンカードが、ついにゴールドカードになりました。

長く使っていたからとか、優良な顧客だったからとかではありません。

 

単純に、一年で100万円使ったからだと思われます。

 

毎月の食費と日用品、自動車保険、帰省時のお土産代もろもろに加えて

 

車を購入しました。借金あるのに、前の車があまりにもボロボロで走行中に変な匂いがするようになったので仕方なく格安の中古車。

 

もう購入時点でへこんでいたボロの車ですが、ボロボロよりはボロのほうがマシでしょう。

 

お値段、すべて込みで24万円です。世の中には24万で車を買う家庭だってあるんですよ、家です。ちなみに私が18歳で初めて買った車は120万円の中古車でした。

 

月食費+日用品+もろもろで平均6万3333円くらい(イオンカードで支払ったぶんだけ、他にも生協や西友やらで食品買ってます)、プラス中古車24万円で一年で100万円かな。四人家族の食費って、どれくらいが適切なんでしょう。我が家は一年中もやしばっかり食べているようで、やはり成長期の子供二人の為にバランス考えちゃうとそれなりに食費はかかっちゃうけど発言小町で四人家族で食費5万で余裕っしょ、みたいな猛者がたくさんいてビビります。脱線しました。

 

で、イオンカードがゴールドになったからと言って、株主優待とは違い割引などは発生しません。

 

ただ、イオンラウンジが使えるようになりました。

 

イオンラウンジでタダでトップバリュのお菓子をもらってタダでコーヒーを飲む、ただ、それだけ。(ほかにも空港のラウンジが使えるとか海外旅行の保険がなんちゃらとかあったような気がしますが、私のような貧乏人には関係ありません)

 

一枚のゴールドカード、もしくは株主カードで四人までイオンラウンジに入室できるので家族で時々利用するようになったのですが、

 

割といつも混んでいて並んで待たなければいけない時があって、

並んで待ってまで入りたいかと言われるとそうでもないなんて貧乏人が生意気な事を考えて、普通に自販機でジュースなんか買ってしまったり。

 

つまり、イオンラウンジでただでお茶しよーぜ、と行ったのに並ぶのに耐えられず使わなくても良いお金を使ってしまう、浪費・・・。フードコートで水飲めよ。と言いたい、自分に。

うちは男の子二人

二人目妊娠がわかった時、
耳にタコが出来るほど言われた

次は女の子がほしいでしょ、的な言葉。

そっすね、女の子かわいっすよね、ええ、ええ

的な対応していたけど

実はどっちでも良かった無事ならば、

いや実は実は本音では絶対、また男の子が良いと思っていたが、何故か言えなかった。みんな、次は女の子が欲しいんだろうと決めつけてかかってくるので、わざわざ反論するのが面倒だったし何か次も男の子が欲しいって言うと女の子じゃなかった時の負け惜しみみたいに聞こえなくもないんじゃないかとか思ったのと
まぁとにかく面倒な人になるのも面倒だったのだ。だって多分、周りの人は特に何もかんがえず言ってくるし。

まぁ、男の子を希望していた理由もぶっちゃけ

女の子で私に似たブスだったら可哀想だと思っていた!それだけ!だもんで、二人目も男の子だと判明した時はホッとしたもんです。

でも、実際授かったらどっちでも良いんだよ‼
生まれてきてくれてありがとう!

ってなるのは分かっていたのだよ。

もう似合わないんだ、この系統は

中田絵里奈さんという女性をご存じだろうか。
読者モデルであり、会社員であり、ブランドのプロデューサーであり、奥様でもある、と紹介すれば何となくイケイケなガツガツな女性を想像されるかもしれないが実際の中田絵里奈さんというのは、まるでお人形さんのような、いや、生きるお人形さんそのものというか、私の中では日本一かわいらしいお上品なそれでいて嫌みのない、パーフェクトな存在なのである。

そんな中田絵理奈ちゃんに憧れて、グレーのタイツばっかり履いていた頃が私にはあった。義母にギョッとされていたグレーのタイツ嫁。

そして、もちろんいつでも、服にはリボンかフリルかチュールがついていたんだ。あ、パールも。

白い襟のついたワンピースとか、やたらといっぱい持ってたんだ。

中田絵理奈ちゃんには、まだまだそんな服が似合う当然。完璧に着こなしている。

だけど私はもうダメです。

連日の夜泣きに恐ろしい程老け込んだ顔と、リボンやらレースやらに装飾された甘い服が壮絶なミスマッチ‼どうした罰ゲームか、女装したおじさんのような、それは言い過ぎだけど、とにかく自分にあだ名をつけるとしたらブリブリゴリラばばぁくらいは軽くいってしまうような悲惨さなのである。

去年までは平気で着ていた服の数々が、今は私を拒絶している。

一才三か月になっていたのと、借金の話

 

気づいたら二人目の子供が一才三か月になっていて、赤子が生まれてからすくすく育ったこの期間に我が家は90万近くの返済をしたが

 

減った元金は40万ちょいだったという恐ろしい話。

 

赤子は知る由もないが、上の子はそろそろ「うちって貧乏なんすかね」って気づきだすんじゃないかな。馬鹿な親で申し訳ない。

 

頭悪いかもしれないけど、学費やら給食費が免除になるくらいには低所得なんですけど、恥ずかしいから払ってる。払えるものを払わないのは恥ずかしい。でも、払わなくても良いものを払ってるのも頭悪いとも思いつつ。

 

逆に考えると、低所得でも借金さえなければ一年三か月で90万は貯められてたってことだ。

 

旦那の借金発覚時には返済で0になった貯金も50万近く貯められた。何かあった時のために。

 

つまり、頑張れば低所得でも一年三か月で140万の貯蓄ができたという事か。

 

ちょっと、すごくない?と自分を慰めてみる。

 

私はもう五年くらい美容院に行っていない。

 

 

お前が言うな(生後9ヶ月の愚痴)

生後九ヶ月の赤子の夜泣き。私は寝不足でクラクラしてる。多分、夜に最低5回は起こされてる。

でも仕方ないよ、赤ちゃんなんだし。かわいいし。喋れないんだし、赤子だって起きたくて起きてる訳じゃないだろうし。

で、毎日眠い、眠すぎる!

って旦那に言ったら、

俺も眠い、だってよ。

好きな時間に眠れて、好きなだけ好きな事をして夜更かししてる旦那。休日は更に五時間くらい昼寝してる、我が家で一番眠っている旦那。

こっちは、どんだけ眠くても強制的に起こされてようやく寝たと思えば起こされての繰り返しで、しかも授乳してるからな。起こされてから毎回30分くらいは眠れないわけで。

何で旦那って張り合ってくるんだろう。



以上のようなブログの下書きが残されていたのです。ちなみに今、下の子生後11か月ね。

なんか当時目茶苦茶腹立ってたと思うんだけど、文章にしちゃうと怒りよりも呆れの感情のほうが強い気がする。とか適当な分析。

あの頃から2ヶ月を経て、夜泣きは相変わらず。旦那は好きなだけゲームをやってから寝室に来てイビキかいて寝てる。

何かしら、辛いよって訴えた後に、
自分も辛いよって張り合ってくる人って、旦那に限らずいっぱいいるよねって話。

でも、俺は仕事して疲れてるんだ!みたいな事を言わないだけ良いとも思う。