育児と借金

小児と乳児と借金こさえたギャンブル旦那とぐでぐでな私

もう似合わないんだ、この系統は

中田絵里奈さんという女性をご存じだろうか。
読者モデルであり、会社員であり、ブランドのプロデューサーであり、奥様でもある、と紹介すれば何となくイケイケなガツガツな女性を想像されるかもしれないが実際の中田絵里奈さんというのは、まるでお人形さんのような、いや、生きるお人形さんそのものというか、私の中では日本一かわいらしいお上品なそれでいて嫌みのない、パーフェクトな存在なのである。

そんな中田絵理奈ちゃんに憧れて、グレーのタイツばっかり履いていた頃が私にはあった。義母にギョッとされていたグレーのタイツ嫁。

そして、もちろんいつでも、服にはリボンかフリルかチュールがついていたんだ。あ、パールも。

白い襟のついたワンピースとか、やたらといっぱい持ってたんだ。

中田絵理奈ちゃんには、まだまだそんな服が似合う当然。完璧に着こなしている。

だけど私はもうダメです。

連日の夜泣きに恐ろしい程老け込んだ顔と、リボンやらレースやらに装飾された甘い服が壮絶なミスマッチ‼どうした罰ゲームか、女装したおじさんのような、それは言い過ぎだけど、とにかく自分にあだ名をつけるとしたらブリブリゴリラばばぁくらいは軽くいってしまうような悲惨さなのである。

去年までは平気で着ていた服の数々が、今は私を拒絶している。